top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

デジタル化は難しくない!小さな会社のためのDX実践レッスン

更新日:3月26日


デジタル化 DX実践レッスン
DX実践レッスン


■はじめの一歩:デジタル化への疑問を解消しよう


企業の皆さま、デジタル化が業務にもたらす変革について、ご存知ですか?

最新の調査によると、企業の多くがデジタル化の重要性を認識しつつも、具体的な取り組みには踏み出せていない状況です。

ここでは、デジタル化がもたらす具体的な利点と、手軽に始められる方法をご紹介します。


■デジタル化、その最初の一歩


デジタル化の第一歩として、まずは業務のデジタルツールによる簡素化を考えてみましょう。 「Excelでやっているから大丈夫!」「伝票でも探せば見つかるから・・」ですが、お客様からの問い合わせにいつも、時間がかかる、キチンと応えることが難しい。伝票が机の中に眠ったままで、翌月を迎えて慌てる・・・などなど。


今、「やれている」と思っているだけ、実はムリ・ムダ・ムラが発生してる。残業時間が増えたり、顧客の満足度が微妙に下がっているかもしれません。


ノーコードツールの利用は、プログラミングの知識がなくても、業務プロセスの自動化やデータ管理が可能になります。注文伝票は、誰でもいつでも確認可能な注文データに、お客様からの問い合わせは、記録に残り、課題や傾向を発見することが出来るようになり、顧客への対応品質が上がる。こうしたことは、ノーコードツール:kintoneでアプリ化することで実現出来ます。



■デジタル化で変わった会社の成功事例

アクリル加工・製造業 H社様では、見積管理を従来はExcelでやっていました。顧客数と案件数が増えたことで、過去の見積もりを参考に、営業担当が見積もりを作られていましたが、見積もりの中身をいちいちファイルを開かないと分からず、非常に時間がかかり、顧客への提案時間がかかることで、事実上、提案数が頭打ちになっていました。

そのため過去の見積もり情報をすぐ、いつでも見れ、新規見積作成に活かせる必要が高まりました。


01switchでは、ノーコードツールのキントーンを使い、顧客情報や、外注先、などを管理出来るシステムを構築。合わせて、Excelで行っていた業務を見直し、見積もり作成・提案・管理もデジタル化。更に、従来、郵送で行っていた顧客へ見積もりもデジタル化を実施しました。

また、合わせて、トヨクモのプリントクリエイターをkintoneに、連携し、見積もり書をワンタッチ・自動作成化も実現しました。


■今、行動を起こしましょう


デジタル化による変革は、中小企業にとっても大きなチャンスです。しかし、「どこから始めれば良いかわからない」という声も多く聞かれます。

01switchでは、皆様の業務に合わせたデジタル化のサポートを行っています。疑問や不安を感じている社長様、まずは無料相談から始めましょう。「無料相談はこちら

閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page