top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

データ分析で人材が切り開くビジネスの未来

更新日:3月26日


データ活用人材
データ活用の人材をどう育てるか


■デジタル時代の新たな挑戦


中小企業が直面する課題は多岐にわたりますが、デジタル化への適応が急務です。特に、データ分析を理解し活用できる人材の育成が、企業成長のカギとなります。

この記事では、データを駆使してビジネスを成長させるための具体的な方法と、それを支える人材について解説します。



■データ活用のためのスタート


データ活用には、明確な目標設定が必要です。業務間連携を強化し、新製品やサービスの開発にデータを生かすことで、市場のニーズに応えることができます。また、情報の活用化を進めることで、効率的な意思決定が可能となります。これらの取り組みを成功させるには、データ分析スキルを持った人材が不可欠です。


データ分析スキルと聞くと難しく感じますが、【比較・割合・順番】に、時間や期間を加えるだけで、データ分析はまずスタート出来ます。


このデータを簡単に集計し、【比較・割合・順番】に、時間や期間を加えることが、自動で出来るのが、弊社で開発支援するノーコードツールの【kintone(キントーン)】です。


■「データを見て、確認する管理者」としての役割


仕事を円滑に回し、チームをリードする管理者は、データ分析結果を基にした行動計画立案において中心的な役割を果たします。彼らはデータを解釈し、具体的なアクションプランに落とし込む能力が求められます。


現場で、仕事を【回している】からこそ、【感覚をデータに】結ぶ勘所が分かるのです。そのためには、データ分析の知識だけでなく、コミュニケーション能力や、業務を流れやポイントで見抜く力も重要です。


データ集計始まりは【kintone(キントーン)】に、現場での活用計画は【回す人材】へが王道と言えます。


■変革を遂げた企業の事例


01switchがサポートしたある中小企業では、データ分析に基づく新サービス開発が大きな成果を上げました。この卸売業C社では、過去の商品販売分析データを【kintone(キントーン)】で自動集計し、トレンド化して、顧客への伺い回数の減が、商品販売数量の上限につながっていることを発見。自動で営業マンに、注意を促す仕組みを作り、売上増につなげました。ここでキーとなったのは、データを「キチンと活用することができる人材」の存在でした。


■データ分析に早すぎることはない


データ分析は単なるトレンドではなく、ビジネス成長のための必須要素です。あなたの企業もデータを活用して次のステップへ進みましょう。01switchでは、データ分析を活用したビジネス成長のサポートを行っています。今すぐ無料相談を利用して、あなたのビジネスに変革をもたらしましょう。「無料相談はこちら




閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page