top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

予算不足?知識不足?小規模事業者のためのデジタル変革ガイド

更新日:3月27日


デジタル化の前と後
デジタル化の前と後・・




■なぜ今、中小企業にデジタル変革が求められるのか


経済のグローバル化とデジタル技術の急速な発展により、中小企業もデジタル化の波に乗り遅れないよう、新しい挑戦とチャンスを迎えています。しかし、多くの企業が「予算が足りない」「専門知識がない」といった課題に直面しています。これらの課題を克服し、ビジネスの成長を加速させるためには、デジタル変革を進めることが不可欠です。



■各部門でのデジタル活用法の詳細は


デジタル化のメリットとして、業務効率の向上や顧客サービスの質の向上が挙げられます。例えば、営業部門では、注文情報を、データベースに登録するシステムにすることで、生産計画部門と情報共有が出来るようになり、より精度の高い生産計画を立案することが出来るようになります。

また調達部門では、注文情報と連携した、資材発注が可能になり、在庫の適正化も図れます。


■デジタル化とは、【情報】を【データ】に変えること


デジタル化の特徴のひとつは、社内にある【情報】をデータに変える、ことと言っても良いかもしれません。例えば、営業部なら、担当者毎に「あの顧客は、こういったカテゴリの商材に興味がある」とか、「あのお客様は、納期に厳しい」とか、個別、個人の情報は多く、持っていることと思います。


ですが、こういった【情報】は、このままでは共有することが難しいです。手帳に書いてある方もいれば、頭で覚えている人もいます。つまり、一人ひとりで持っていても、部やチームで共有できないので、大きな推進力にはなりにくい。


そこで、デジタル化です。顧客毎の興味や関心、またそれぞれの営業活動で発生した情報を、5W1Hで、デジタルの力を借りて、共有出来るようにする。「いつ、どの顧客と、何の話題・何の商品について、なぜ、どのように話たのか」これを、デジタルデータベースにすると、個々の情報を【同じ尺度と同じフォームで標準化され】複数の人員で共有出来るようになります。


同じようなことで、営業活動でうまく行ってないことがわかったり、良さを水平展開することも、出来ます。検索・抽出・記録・比較・変化の把握など、どれもデジタルによって【データ】化しないと、出来ないことばかりです。


【情報】を【データ】へ。その価値は非常に大きいです。



■デジタル変革、始めの一歩を踏み出しましょう


デジタル技術の活用は、中小企業にとって大きなチャンスをもたらします。しかし、技術の導入と活用は一筋縄ではいかないものです。

01switchでは、中小企業のデジタル変革をサポートし、具体的な成果を生み出すための支援を行っています。

技術導入の不安や疑問を解消し、事業の成長と発展を実現しましょう。

「無料相談はこちら」をクリックして、今すぐ私たちのサポートを受けてください。

閲覧数:12回0件のコメント

コメント


bottom of page