top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

人材不足を乗り越える: デジタル化で開く新たな可能性



■デジタル化、中小企業に新たな風を


人手不足という厳しい状況に直面している中小企業にとって、デジタル技術の活用は、困難をチャンスに変える鍵となり得ます。特に、デジタル化は、業務の質と効率を根本から改善する可能性を秘めています。


しかし、「技術は魅力的だけれど、我が社にどう活かせばいいのか?」と考える社長様も多いでしょう。

この記事では、そんな疑問にお答えし、デジタル化の一歩を踏み出すための具体策をご紹介します。


■デジタルを活用した業務改革のステップ


デジタル化は決して難しくはありません。御社でも「仕事をやりやすくするために、今までのA→B→Cの順でやっていたが、よくよく考えると、BをÇと一緒にしたらもっと簡単になるかも」ということは過去にたくさんあったのではないでしょうか。


その時に、「でも、使う情報や資料が多くて、難しい・・・」と諦めたこともあるのでは。


そんな時にこそ、デジタル化です。


デジタル化することで、各部署での業務効率が飛躍的に向上します。情報が、紙や伝票では、探したり、再利用することがとても難しいですね。伝票なら、一から、もう一度書く必要があります。


ですが、デジタル化された受注データがあれば、注文請書の発行も、売上計上も、そのデータを使うことが出来ます。 今までの、最初から書き直しは不要です。


また、「Excelがあるから困ってないよ」という声もあるかと思います。Excelは非常に優れたツールです。ただ、見積もり→受注→資材発注→販売管理といった【実際の業務の流れ】に沿って、情報連携は出来ません。また、検索も苦手です。


過去のブログ記事でもご紹介したノーコードツール:キントーンを使えばこれは解決出来ます。営業部と調達部や製造部、管理部の仕事がつながります。それがデジタル化です。


【ヒトと仕事をつなげる】それが、デジタル化です。


これらのデジタル改革により、企業全体の生産性が向上し、人材不足による影響を軽減できます。


■デジタル化のポイントは・・・


中小企業がデジタルを活用して大きな成果を上げた事例は数多くあります。

ただ、そのデジタル化には、課題もありますが、弊社が伴走します。例えば、デジタル化で大切なのは、デジタルツールをいれることではなく、【デジタル化して未来の仕事をどうしたい】か、それを、業務見直しと共に進めることです。こうしてC社様は、デジタル化によって、大きな効果をつかみました。

C社様の事例からも明らかなように、業務の見直し・デジタル化は、業種を問わず多大なメリットをもたらします。その他の事例もあります。


■デジタル化で未来を切り開く


今や、デジタル技術の活用は中小企業にとって選択ではなく、必須の戦略となっています。


デジタル技術を活用することで、人手不足の課題を解決し、業務の質と効率を大きく向上させることができます。


しかし、その第一歩を踏み出すには、適切な知識とサポートが不可欠です。01switch合同会社では、中小企業が直面する様々な課題に対して、GPTをはじめとするデジタル技術の導入を通じて解決策を提供しています。


業務改善やデジタル変革にご興味のある皆様、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。


一緒に新しい可能性を見つけましょう。また、デジタル化の無料相談はこちらから。

閲覧数:10回0件のコメント

コメント


bottom of page