top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

今始める!2つの視点でデジタル化は始められる


デジタル化の始め方

■デジタル化の必要性と基本的なアプローチ


デジタル化は現代のビジネスにおいて避けて通れないテーマとなっています。多くの中小企業社長が「デジタル化によって業務は本当に変わるのか?」と疑問に思っているのも事実です。この記事では、デジタル化がもたらす具体的なメリットと、簡単に始める方法をご紹介します。デジタル化の推進は、業務のスピードと正確性を格段に向上させ、企業競争力の強化に直結します。


■企業が抱える課題とその影響


多くの中小企業では、日々の業務に追われる中で、自社の業務の問題点や非効率な部分が何かすら把握する時間がありません。さらに、どの業務をどのように改善すれば良いのか、具体的な方法も見えにくいのが実情です。デジタル化の必要性は感じていても、第一歩を踏み出すのが難しいと感じている経営者は少なくありません。ですが、効率的な業務プロセスへの転換は、経営の質を大きく変える可能性を秘めています。



■デジタル化のための具体的なステップ


 「デジタルツールやシステムを導入するのは分かるけど、ITとかよく分からないな・・」と思われる方も多くいると思います。ですが、デジタルツールを導入するのと同じか、それ以上に大事なのが、【業務を分析する】ことです。


1、業務のデジタル化対応分析:まずは自社の業務を一つ一つ洗い出し、どのプロセスが時間がかかっているか、どこに煩雑さが存在しているかを明確にします。そして、それらの業務がデジタル技術によってどのように改善されるかを検討します。


弊社では、業務フローや業務一覧表をお作りして、業務の見える化をまず、はじめに

行います。



業務を一覧化すれば課題も見えます


業務を流れで可視化しよう

2、シンプルなツールからの導入:大規模なシステム導入はコストも時間もかかるため、最初は手軽に始められるツールから導入を開始します。例えば、クラウド型の【kintone】や、同じくクラウド型会計ソフト【freee会計】などは、導入ハードルも低く、業務整理後に導入するのは非常にオススメです。


弊社には、kintoneアプリ開発で10年以上の実績があります。企業に合ったアプリ開発が可能です。freee会計の導入実績も多くあります。


■デジタル化による価値と効果が生まれます


これらのステップを踏むことで、業務の速度と精度が向上し、結果的に売上の向上やコスト削減が期待できます。特に、手間と時間がかかっていた業務がスムーズになることで、より重要な戦略的な業務にリソースを集中できるようになります。


■お客様の声や過去の事例


例えば、弊社でご支援した設備管理業T社様では、手間がかかり、また結果として間違いも多く、チェックに非常に時間を要していました。ですが、kintoneによるアプリを弊社で開発。請求データの管理が効率化され、また請求書の自動発行も合わせて実現。顧客満足度も大幅に向上しました。


■01switchのサービス紹介


01switchでは、中小企業向けに特化したデジタルトランスフォーメーションサービスを提供しています。初期診断から、業務見直し、具体的なツールの選定、導入後のフォローアップに至るまで、一貫した支援を行っています。


■さあ、まず始めてみましょう!


デジタル化は、始めることが最も重要です。少しの勇気で、業務効率化だけでなく、事業全体の質を変えることができます。疑問や不安がある方は、まずは01switchにお気軽にご相談ください。無料相談はこちらからお待ちしています。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page