top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

仕事を確実に進めるたった3つの方法

仕事の遅さを解消するためには、多くの方法がありますが、大切なのは3つです。




. 本当にやるべき仕事か考える


毎日の仕事、「やらなきゃいけないに決まって  る!!」って思い込んでると、次々来る 仕事に追われます。追われる結果、後回しになる     仕事も出て、コントロール不能に。


そんな時、「この仕事は本来やるべき仕事なのか・・」と考えます。

考えるときのフレームとして5W1H1Cに当てはめると、整理がしやすいです。 作業の前に、

誰が、何を、いつ、どこで、 何の道具を使って、

どのように、処理するのか、

何を解決しようとしているのか、これを考えます。

「考えるより、まずやった方が良いのでは?」という声もありそうですが、

それは【犬の道】と呼ばれる仕事になり長引くこと必至です。


本当にやるべき仕事か考える。

  これだけで、無駄な仕事が減るきっかけになり遅さ解消への第一歩となります。



2. 早く始めて、どれくらいの時間がかかるのかを見通す。

 

早く始めて、どれくらいの時間がかかるのかを見通す。

 

  1と矛盾するようですが、これも有効です。

  仕事が遅い方の特徴に<出来ない条件を探して先延ばしする>というのが多いです。

  これを解消するには、まず始める。始めて、少しでも良いので時間見積もりを行う。

  あとは、その期限目指してやることです。

  特に初めての仕事の場合、悩んで考えているよりも、着手して課題や問題に早く気づ き、時間見積もりを修正するほうが理にかなっています。



3. 仕事を分割して行う


これも重要で、仕事をおよそ3つに分けます。理由はいくつかありますが、

計画:実行:見直しで1サイクル、

午前1:午後2コマで1サイクル、など、

私たちの時間や区切りは3つほどに分けると、中間ゴールが見えやすくなり、捗りま. す。


本当にやるべき仕事か考える。早く始めて、どれくらいの時間がかかるのかを見通す。仕事を分割して行う


まずは、この3つの内、どれか1つもやってみて効果を確認してみてはいかがでしょうか。




閲覧数:16回0件のコメント
bottom of page