top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

業務の見直しが出来ない3つの理由

更新日:3月12日

あなの会社では、業務の見直しやっていますか。今日は業務の見直しが中々出来ない!と感じる方への

記事です。




まず、自分の仕事を見直すのが難しいと感じる3つの理由は次のとおりです。


■時間も人も足りない


作業の見直しを実施するには、時間、労力、および人材が必要です。 企業は、特に中小企業や新興企業の場合、見直しのプロセスを実行するために時間も、人材も必要なリソースを確保できない場合がよくあります。



■業務プロセス見直しの知識がない


業務の見直しを行うために必要な専門知識や経験を持っていない可能性があります。 業務の見直しを行うためには、単純に、今やっている業務を箇条書きにして書き出すだけでは、整理も出来ません。 どのような流れでどの部門がどういった仕事を行なっているのか。作業の関連性をフローや関連図で書き出すことで、ボトルネックが見つかることは良くあります。


■批判を恐れる


見直しは時としては、批判や否定的なフィードバックに思われてしまうことがあります。「俺の仕事を知りもしないくせに!」といった考えがメンバーの中にあるのを改革チームが感じると、彼らの批判を恐れて、仕事の見直しを行うことを躊躇する場合があります。


■見直しに向かうためには


では、見直しを進めるひとつの方法は何でしょうか。第三者の見直し担当者またはコンサルタントに依頼することです。 これは、仕事を客観的に評価し、建設的なフィードバックを提供できる、関連する業界または分野の専門知識を持つ個人またはチームである可能性があります。 これは上記の制約や制限を克服するのに役立ちます。また、内部の偏見や自分の仕事を批判することへの抵抗に関する懸念に、対処するのに役立つ外部の視点も提供します。


いかがでしたでしょうか。自社が変わらなくても、他社や業界は変わります。変わるための第一歩である【業務の見直し】ぜひ取り組んでみてください。ですが「時間がない、やり方が分からない・・」という方はぜひ弊社にお問い合わせください。


見直しを相談してみたいはコチラ



閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page