top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

話題のGPTをあなたの会社にも【入門編】

更新日:4月15日


GPTロゴ
GPTロゴ


話題のChatGPT、もう使っていますか。「そもそもGPTって何?!」「GPTを仕事に使うってどうやるの?」 そんな企業の社長や、業務担当の方にもオススメな記事です。


■デジタル化はもう避けられない!あなたのビジネスにGPTを!


中小企業を取り巻く環境は日々変化しています。特にデジタル化の波は避けて通れません。しかし、「AIとか、ChatGPTって聞いたことあるけど、実際どう使うの?」とお悩みではありませんか?この記事では、生成系AIであるChatGPTを活用して業務効率化を図る方法を入門編として紹介します。


■GPTとは?中小企業にも優しい技術です。


GPT(Generative Pre-trained Transformer)は、人間のように自然な言語、普通の話し言葉や書き言葉を理解し、生成するAI技術です。もちろん、日本語で使えます。


文章作成、文章解説、質問応答、翻訳など、さまざまな言語タスクに対応できます。


よく「ITとかシステムってよく分からない・・」とあると思いますが、GPTでは、普段の言葉でやり取り出来ますので、難しくはありません。


この技術を使えば、従来、人手で行っていた作業を軽減し、自動化、より高速かつ高精度に行うことが可能になります。


■ChatGPTで変わる日常業務、始め方から具体例まで


ChatGPTは、質問に答えるだけでなく、文書作成やデータ分析など、多岐にわたる業務を支援します。また、社内会議の報告書の草案を作成したり、取引データを取り込んで分析することも可能です。


このような作業をChatGPTに任せることで、貴社の業務効率が飛躍的に向上します。


始め方は簡単、ChatGPTを導入し、基本的な使い方を学ぶことからスタートです。

導入までの手順は以下のようなサイトが参考になります。


また、GPT3.5であれば、メールアドレスさえあれば、無料で使うことが出来ます。


■GPTを使う前と後でどう変わる?業務効率化の実例!


GPTを導入する前は、顧客対応や報告書作成など多くの時間を手作業に費やしていました。しかし、GPTを使い始めた後、これらの業務が大幅に効率化されます。例えば、例えば、顧客からの問い合わせは、営業メンバーにたくさん蓄えている企業が多いのではないでしょうか?


この過去の問い合わせ自体を、GPTに取り込んで、要約・整理してもらい、問い合わせ例と、回答例を自動で作成、ホームページなどに、載せて、顧客の質問などへの利便性を図ることも出来ます。

今まで、電話やメールで対応していたものを自動回答出来ることで、対応時間が大幅に減ります。


また、報告書の初稿やたたき台を短時間でGPTで生成することも可能です。フォームを決めて、報告をそのフォームに当てはめて、報告初稿を書くことも出来ますので、報告自体の品質も向上します。これらの効率化・自動化により、社員は一層、創造的な業務に集中できるようになり、全体の生産性が向上します。


■01switchで支援したChatGPT導入で業務改革を成功した事例


ある中小企業では、ChatGPTの導入により月間の業務時間が大幅に削減されました。


特に、顧客対応文章の作成を大幅にスピードアップしたり、GPTの支援で、自社の公式サイトの構成変更やSEO対策も実施。アクセス数の増加を果たした例もあります。


また、自社の業務を整理するために、GPTを活用した事例もあります。人事であれば、人材評価のデータ整理や人材評価そのものも、偏らず行うこと支援した事例もあります。


これらの成功事例から、ChatGPTのポテンシャルの高さと適切な活用方法が見えてきます。



■今すぐChatGPTを始めて、業務効率化の第一歩を踏み出しましょう


ChatGPTの活用は、中小企業にとって非常に大きなチャンスです。業務効率化だけでなく、新たなビジネス機会の創出にも繋がります。興味はあるけれど始め方がわからない、そんなあなたのために、01switchではGPT導入の無料相談を実施しています。「無料相談はこちら」からお気軽にお問い合わせください。一緒に、あなたのビジネスをAI、GPTで変革しましょう。

閲覧数:16回0件のコメント

Comentarios


bottom of page