top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

DX取り組みの見返りを最大化!中小企業のためのGPT計画   



■GPTで変わる中小企業の未来


「GPTってよく聞くけど、実際何ができるの?」

中小企業の社長様もこんな疑問を持っているかもしれませんね。


簡単に言うと、GPTは人間のように文章を理解する/要約する、提案を作成する、戦略や構想を相談する、情報分析を行うなど、およそ、【文字を扱うプロフェッショナル】AI技術です。簡単なものでは、メールの返信から、売り上げ予測のレポート作成まで、多岐にわたる作業をサポートします。

この技術を活用すれば、時間を要する作業を減らし、もっと大切な業務に集中できるようになります。

デジタル化が進む今、GPTは中小企業にとって、新しいビジネスの形を提案してくれるかもしれません。


■部門別GPT活用法で業務を革新


・営業部:顧客の問い合わせに自動で返答し、見込み客を見極めるAIアシスタントを導入。 電話でかかってきた音声に、GPTを経由して、音声でそのまま回答するものもあります。

・受注部:受注内容を自動で分析し、顧客ごとの傾向を把握。カスタマイズされた提案を次回注文時に行うことも可能。

・生産計画部:過去のデータから最適な生産計画をAIが提案。在庫過多や不足を未然に防ぎます。

・調達部:市場の動向をリアルタイムで分析し、最適な調達時期や量をAIが提示。


などなど。従来の経験は非常に重要ですが、GPTには、【ある事に特化した回答を行う】

GPTsという機能も(有料:約3000円/月)あります。そこに、社内の熟練者の経験を

学習させることで、御社に合った回答をさせることも出来ます。


■GPT導入で変わった企業の未来


弊社で支援したある中小企業は、GPTを経営企画部門に導入。会社の戦略や、年度の部門別の計画検証にGPTを活用しました。


  1. 前年度の取り組み結果を学習させる:どこの部署が何を、どのように、どれくらいの目標に対して活動し、どんな課題が発生したかを読み込ませました。

  2. 前年度の部門別活動方針を学習させる:部署別の活動方針を、読み込ませ、理解させます。

  3. 活動方針と取り組み結果から課題を抽出させレポート作成:1と2から、ズレの原因の推定、課題の深堀りを、構造的にレポートを作成し、回答させる。

  4. 部門長へのレポート共有:このレポートを各部門長に共有した上で、新年度の計画で、課題解決を盛り込んだ計画を検討を指示※


これらの事例から、GPTが中小企業にもたらすポテンシャルは計り知れません。計画にはやはり高い目標があり、様々な課題もあります。ですが、GPTを活用することで、枠組みにそった、より正当で的を射た計画分析/立案が可能になり、ビジネスにおいて重要な側面を大きく改善することが可能です。


■デジタル変革を始める一歩


GPTという強力なツールを使いこなすことで、業務の効率化だけでなく、新しいビジネスチャンスを掴む、会社の戦略の可能性を広げるなどが可能です。しかし、「どう始めたらいいかわからない」という声もよく耳にします。01switch合同会社では、GPTの導入から活用方法まで、一貫してサポートします。ぜひお気軽に、ご相談ください。あなたのビジネスが次のステップに進むための無料相談はこちらから。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page