top of page
  • 執筆者の写真祐二 高橋

GPTと共に働く: 事業と経営への改善アプローチ

更新日:4月15日





■デジタル化は遠い存在?いいえ、GPTの力で身近に


中小企業を取り巻く環境は日々変化しており、業務効率化や新たなサービス提供方法の模索が求められています。

しかし、「デジタル化」と一口に言っても、その第一歩をどう踏み出せば良いか、手探り状態の経営者が多いのも現実です。特に、GPTのような最新技術に興味はあるものの、「難しそう」「コストがかかる」といった理由で尻込みしていませんか?

この記事では、そんな中小企業の社長たちがGPTを使って事業をどのように改善できるか、簡単な入門ガイドを紹介します。


■GPTを活用した業務改善の第一歩見出し


GPTを用いた業務改善は、専門知識がなくても始めることができます。

例えば、顧客サービスでの質問応答自動化(AIチャットボット)や、内部文書の作成支援など、日々の業務で即座に役立てることが可能です。特に、ノーコードツールを併用することで、プログラミングスキルがない従業員でも、GPTのパワーを活用し、業務プロセスを効率化することができます。これらのツールは低コストで導入可能であり、小規模ながらも大きな改善効果を期待できます。


◼️GPTによる変革の実例


01switch合同会社自身でも、GPTを様々な画面で活用しています。特に、GPT有料版で、【GPTs】という【特定の部署やテーマに特化した】GPTを作る機能に大変助けられています。企業のサイズ上、組織上で「本当は欲しいのだが、このポジションをおくことが出来ない・・・」とお悩みの経営者の方や、中々、適した中途採用者を採ることが出来ない、など

多くの課題を抱えていらっしゃると思います。


GPTは、【全世界・日本中から膨大な情報を学習】していますが、この【GPTs】はこの膨大な学習データから、【特定の部署やテーマに特化した】相談や計画立案支援など、オールマイティーに、答えてくれます。


実際に、GPTs、製造業支援に特化したGPTsが提案書の下書きをする動画をアップしています。(ブログの中盤にあります)


今まで、「うんうん・・」うなりながら、作っていた提案資料もわずか数分で作成、また、「ここをこう変えてくれ」「こういったことを強調してくれ」と指示(=プロンプト)すれば、忠実に再現するばかりか、いくつかの提案もしてくれます。


これらの事例からも、GPTの適切な活用により、どの業界でも業務改善のチャンスが広がっていることがわかります。



■今日から始めるGPTによる事業改革


GPTという最新技術を活用することで、中小企業もデジタル変革の波に乗り遅れることなく、業務改善を実現できる時代が到来しています。部署支援だけでなく、経営者の方の、【相談相手】としても機能するGPT。この機会に、GPTを使った業務効率化に興味がある方は、ぜひ01switchにお問い合わせください。専門のスタッフが一からサポートしますので、技術的な不安がある方も安心して始められます。「無料相談はこちら」から、まずはお気軽にご相談ください。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page